山西利和の出身高校や大学がスゴイ!経歴や彼女はいるの?

スポーツ
スポンサーリンク

山西利和選手が世界陸上2019ドーハ大会で男子20キロ競歩で金メダルを獲得しました。

先週は、男子50キロ競歩で鈴木雄介選手が優勝し、競歩は盛り上がりを見せています。

今回は、山西利和さんの出身高校や大学がスゴイ、経歴や彼女はいるのかなど調べてみました。

スポンサーリンク

山西利和が男子20キロ競歩で金メダル

山西利和選手が、男子20キロ競歩で金メダルを獲得しました。

おめでとうございます。

<陸上:世界選手権>◇第7日◇4日◇ドーハ・コーニッシュ◇男子20キロ競歩

京大卒の金メダリストが誕生した。男子20キロ競歩で山西利和(23=愛知製鋼)が1時間26分34秒で優勝した。五輪、世界選手権を通じ、同種目で日本勢がメダルを獲得するのは初だった。日本は鈴木雄介(31=富士通)に50キロに続き、20キロでも、ダブル金メダルを獲得した。

出典元:Yahoo!ニュース

 

競歩は本当にスゴイ競技だと思いました。

そして日本の選手たちがとても強いので、これからますます注目されるのではないでしょうか。

鈴木雄介 競歩の経歴は?過去に不祥事が!出身高校や大学は?
2020年の東京五輪で、メダル獲得が有力視されている競歩ですが、最も注目されているのが、正解記録を持っている鈴木雄介さん。 輝かしい記録がありますが、過去には不祥事があったり、ケガに悩まされることも。 今回はそんな競歩の選手、鈴...
スポンサーリンク

山西利和のプロフィール

 

 

名前:山西利和(やまにし としかず)

生年月日:1996年2月15日

出身地:京都府

身長164㎝

体重:54㎏

趣味:読書

好きな食べ物:寿司

座右の銘:継続は力なり

 

山西利和選手は、小学校のマラソン大会で、良い結果が得られて嬉しかったことが陸上競技を始めるきっかけになったそうです。

 

元々運動は苦手で、走るのも遅かったそうです。

しかし、小学生4年生の時に、1人1人にカードを配られて、走った分だけ色を塗れるというイベントに参加。

これにハマった山西さんは、毎朝校庭を走って色を塗っていきました。

するとマラソン大会では下から数えた方が早かったのに、

10位ぐらいまで順位があがったのです。

苦手なことなのに、楽しんでいくうちに早くなり苦手を克服するなんてすごい事です。

普通なら、走るのが苦手だからと諦めてしまいます。

今では世界の舞台で活躍される選手になりました。

なにがきっかけになるか分からないですね。

スポンサーリンク

山西利和は京都市立堀川高等学校出身

山西利和選手の出身高校は、京都市立堀川高等学校です。

京都市立堀川高等学校の偏差値は65~72と割と高めです。

卒業生に葉加瀬太郎さんや藤田誠さんがいらっしょいます。

山西利和選手は高校3年の時に、

世界ユース選手権10000m競歩

金メダルを獲得しました。

山西利和選手の尊敬する人物は高校時代の恩師だそうです。

高校時代に尊敬できる方にで出会えたことはすごく大きなことなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

山西利和の大学は京都大学

 

 

 

山西利和選手は、陸上の強豪校に推薦で入ることも出来るほどの実力の持ち主でした。

しかし、山西さんは推薦ではなく、一般入試で京都大学工学部に現役合格しました。

文武両道の山西利和選手。凄いですね。

京都大学を選んだ理由について山西さんは

「自宅から通えて、研究もしっかりできて、陸上もそこそこ強い大学だから」

と話していました。

課題を持ち帰り、自分で力を磨いていったまさに努力の人といった感じがします。

自らを「雑草」と表現しています。

スポンサーリンク

経歴は?

山西利和選手は、大学卒業後、愛知製鋼の実業団に所属しています。

2015年、世界選手権で競歩50キロで銅メダル

2016年、リオデジャネイロ五輪で銅メダル

2017年、世界選手権で銀、銅メダル獲得しました。

 

2018年のアジア競技大会で、男子20キロ競歩で、1時間22分10秒で銀メダルに輝きました。

2019年3月の全日本競歩能美大会では世界歴代4位、

そして日本歴代2位のタイムの1時間17分15秒を記録しました。

山西利和選手は着実にキャリアを積んで、輝かしい成績を残しています。

スポンサーリンク

山西利和に彼女はいるの?

何事も真面目に、ストイックに取り組んでいるようにみえる山西利和選手。

彼女はいるのか気になり、調べてみましたが、

彼女がいるというような情報はありませんでした。

これまでも、学業や、陸上などで忙しい毎日を過ごしてきたと思うので

恋愛をしている時間は少なかったのではないかなと思います。

2020年の東京五輪も控えているので、

今は競歩一筋なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

山西利和選手の出身高校や大学、経歴などについて調べてみました。

世界陸上2019ドーハ大会で、日本人初男子20キロ競歩で金メダルを獲得した山西利和選手。

「うれしい気持ちと、ホッとした気持ちと、ちょっとやりきれない感じ。ラスト3キロを、行ききれなかった。今回は偶然相手がついてこなかっただけ。これで勝っちゃったというのもある。もっと圧倒的な強さを見せたい」

と話していました。

2020年の東京五輪でのメダルも期待できるのではないでしょうか。

山西利和選手のこれからの活躍から目が離せません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました