2019 台風17号ターファーは大型で強い!日本直撃か?

テレビ
スポンサーリンク

台風17号(ターファー)大型で強い台風が日本列島に近づいてきました。

2019年9月22日には、暴風域を伴って、九州に接近するとみられ、雨や風がかなり強くなるとみられています。

スポンサーリンク

台風17号は大型で強い

22日にかけて非常に強い風が吹き、海上は大しけとなるでしょう。

九州北部では猛烈な風や猛烈なしけとなる所がある見込み。

22日にかけて予想される、最大風速(最大瞬間風速)、

九州北部地方で30メートル(45メートル)

九州南部、中国地方で25メートル(35メートル)

四国地方で23メートル(35メートル)

近畿地方で20メートル(30メートル)

22日にかけて予想される波の高さは、

九州北部で9メートル

九州南部で8メートル

四国で6メートル

近畿で5メートル

中国地方で4メートル。

風が強く吹くので、屋外にあるとばされそうなものは、室内に移動させるなどの必要があります。

スポンサーリンク

大雨に注意

22日にかけて、九州、四国、中国、近畿各地でも雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがあります。

 

23日午前0時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、

九州南部で400ミリ、四国で350ミリ、九州北部で300ミリ、近畿で180ミリ、中国地方で150ミリ。

その後、24日午前0時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、近畿100~200ミリ、九州北部と四国100から200ミリ、中国地方50から100ミリです。

 

スポンサーリンク

停電のリスク

暴風となる恐れがあり、停電のリスクも懸念されます。

黄色や赤く色が塗られているところは、停電のリスクが大きく対策をしておくとよさそうです。

 

台風の進路次第で変わることもありますので、最新情報をチェックしましょう。

スポンサーリンク

23日台風17号

台風17号 9月23日(月)1時推定

 

存在地域   下関市の北北西約60km
大きさ階級  大型
強さ階級   //
移動     北東 35 km/h
中心気圧   985 hPa
最大風速   30 m/s
最大瞬間風速 45 m/s

台風は対馬海峡から日本海に入りつつあり、福岡県や山口県に最接近中です。このあとも速度を上げながら北東方向に進み、性質を温帯低気圧に変えながら北海道に近づきます。

停電の被害もでているため、今後も十分注意、対策が必要です。

 

 

スポンサーリンク

長崎県を中心に停電

長崎県を中心に約11万戸余りが停電しているといいます。

 

九州電力によりますと、22日午後10時現在、長崎県内で約7万6650戸が停電しています。また、熊本県では約2万1770戸、佐賀県では約6210戸で停電しています。福岡県でも停電が発生していて、九州全域を合わせると約11万戸余りが停電しています。

 

台風の被害で垂れた電線には、危険なので絶対に触らないでください。

スポンサーリンク

灯りを身近なもので

懐中電灯とペットボトルの水

懐中電灯の上に、水を入れたペットボトルを乗せるだけで、光が乱反射。

周りを明るく照らしてくれます。

懐中電灯が小さい場合は、コップに水を入れて使うことで同じような効果が。

ツナ缶でランプ

ツナ缶の油を利用します。

缶に穴をあけます。芯を差しこむだけです。

芯は綿のひもなどがいいそうですが、コーヒーのフィルターを芯の代わりにしても2時間程度もちます。

サラダ油で簡単ランプ

耐熱ガラスのコップに油を入れ、キッチンペーパーで芯を作ります。アルミホイルで芯を固定。

1時間使用しても油の量はほとんど減らず、火の勢いも衰えません。

火を使う場合は、周り注意し、安全に使用しましょう。

その場を離れる時は必ず消しましょう。

便利な世の中になり普段は使うことはありません。

しかし、いざという時には役に立つので覚えておくといいですね。

スポンサーリンク

まとめ

大型で強い勢力の台風17号。

不要な外出は避けるなど、十分な注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました