早実 野球部の不祥事は動画拡散!秋季大会辞退の原因【文春砲】

スポーツ
スポンサーリンク

9月14日、高校野球の強豪・早稲田実業が秋季大会の出場辞退をしました。その理由については、複数の硬式野球部員に問題行動があったと記すのみでした。

しかし、辞退の理由は野球部員による「動画の拡散」だと『週刊文春』が報じました。

今回は早実の秋季大会の出場辞退の理由や文春の報道について見ていきます。

スポンサーリンク

早実が秋季大会を辞退

高校野球の強豪・早稲田実業が秋季大会の出場辞退を2019年9月14日に突然発表。

 春夏1度ずつの甲子園優勝を誇る早実が14日、秋季東京大会への出場辞退を発表した。村上公一校長名義のFAXで「複数の硬式野球部員に問題行動があった」と理由を説明したが、詳細は明かされず。秋季大会の結果が参考資料となる来春センバツへの出場は事実上、断たれた。

国定貴之部長(34)も「このようなことが二度と起きないよう、指導法を見つめ直し、野球部全員で精進してまいります」とコメントした。また、13日の日本学生野球協会の審査室会議では、当該校を含め詳細非公表とした上で1校を部員9人による問題行動のため3カ月間の対外試合禁止とする案件が出たが、同校との関連性は明らかにされていない。

出典元:Yahoo!ニュース

14日の発表では、部員9名による問題行動とだけ記し、詳しい内容は記載されていませんでした。

問題行動を詳しく記載できないということでかなりヤバいのではないかとも見られていました。

スポンサーリンク

OBも困惑!

野球界に激震が走り、またOBも困惑しているようでした。

荒木大輔二軍監督(55)や斎藤佑樹投手(31)、清宮幸太郎内野手(20)と3人の大物OBが所属する日本ハムではなおさらのこと。14日に千葉・鎌ケ谷市内にある球団施設で行われた全体練習に荒木二軍監督と斎藤が姿を現すと、同僚らからはこの件について聞かれ、2人とも困惑した表情を浮かべた。

いまだ2人とも報道以外での情報の把握はしていないそうで、荒木二軍監督が「本当に分からないんだよ。分からない以上、何も言えないよ」と話せば、斎藤も「僕から言えることはありません」と話すにとどめた。

一方で、早実側が問題行動の内容については明らかにしていないこともあり、早実OBからは「いずれバレるだろうに、なんで非公表にするのか。余計、世間は勘ぐるし、この対応はどうかと思うよ」と苦言も飛び出した。名門野球部の騒動だけに、今後の動向にさらなる注目が集まりそうだ。

出典元:Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

出場辞退は野球部員の動画拡散が原因と文春が報じる

9月18日の文春オンラインでは、早実の出場辞退について下記のように記しています。

 早実の野球部関係者は匿名を条件にこう明かす。

「辞退の原因は、部員がハレンチな動画を撮影し、それを別の生徒が学内で拡散させたことでした」

早実は「週刊文春」の取材に対し、「ご質問につきましては、教育上の観点および関係者への配慮により、お答えできかねます。なお問題行動につきましては、引き続きしかるべき対応を取って参ります」と回答した。

出典元:文春オンライン

野球部員が動画を撮影

それを別の生徒が拡散

なぜ、最初に公表せず隠したのでしょうか。

教育上の観点などと言われたら、ある程度は分かってしまうと思います。

スポンサーリンク

問題行動とは?

野球部員が起こした『問題行動』とは一体何だっただのでだようか。

辞退の原因になったのは、部員が撮影したハレンチ動画だといいます。

2019年夏の出来事でした。

野球部員のAとBが、部室で部員Cのスマートフォンのロックを無断で解除。

Cのスマートフォンの中に保存されていたハレンチ動画を見つけ、iPhoneのデータ共有機能『AirDrop』でその場にいた他の部員たちに共有。

動画はあっという間に野球部員以外の生徒にまで拡散されました。

気かっけは、他の部員のスマホを勝手に覗いたことでした。

面白半分だったのかもしれませんが、わざわざロックを解除して見るなんてどうなのかなと思います。

他の人の動画を勝手に共有するとは、軽い気持ちだったのだと思いますが、問題にもなっていますし、高校生ならわかるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

学校側の対応は?

学校側はこの件を、夏休み明けの9月5日頃に把握しました。

その後3日間程かけて、部員の聞き取りやスマホのチェックを実施。

授業中に呼び出される部員もいたという。

少なくとも5人の部員が学校からの処分待ち、自宅待機を命じられています。

自宅謹慎中になっているのは、この件のきっかけとなっているAとB。

動画を撮影したC。

野球部以外の生徒に拡散したDとE。

しかし、部内で動画を送り合った生徒は見逃されています。

部外に拡散するのはダメ、しかし部内ならばいいという判断はおかしいのではないかと思います。

学校側は問題を大きくしたくないのでしょう。

別の野球部関係者は「自宅待機の線引きに学校の“ご都合主義”を感じたと」語っています。

スポンサーリンク

まとめ

一部の学生のせいで、真面目に取り組んでいた生徒さんが可哀想です。

面白がってやったのかは分かりませんが、世の中にさまざまな動画で問題も起きニュースにもなっているのに、なぜわからなかったのでしょう。

もっとリスクがあることを1人1人自覚しなければいけません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました