高山義浩 プロフィールや経歴は?岩田健太郎教授に反論した内容は

スポンサーリンク

2020年2月18日に、神戸大学教授で感染症専門家である岩田健太郎教授がダイヤモンドプリンス号の悲惨な内部の状況を語った動画をYouTubeに投稿しました。

しかし、この内容に高山義浩医師が反論する記事を投稿しました。

高山義浩医師のプロフィールや経歴、岩田健太郎教授に反論した内容についてみていきます。

スポンサーリンク

高山義浩医師のプロフィール

 

名前:高山義浩(たかやま よしひろ)

生年月日:1970年

出身地:福岡県

職業:沖縄県立中部病院 勤務

 

高山義浩さんは東京大学医学部保健学科を卒業。

その後、フリーライターとして世界の貧困と紛争をテーマに取材をしていました。

2002年、山口大学医学部医学科卒業医師免許を取得し

現在、沖縄県立中部病院に勤務しています。

 

スポンサーリンク

高山義浩の経歴

 

 

2002年、山口大学医学部卒業し医師免許を取得後

2003年に国立病院九州医療センター、九州大学病院初期臨床研修を経て、

2004年、佐久総合病院総合診療科にて地域医療に従事。

2008年、厚生労働省健康局結核感染症課で、パンデミックに対応する医療提供体制の構築に取り組む 。

2010年、沖縄県立中部病院で感染症診療と院内感染対策に従事。

2014年、厚生労働省医政局地域医療計画課

2015年から沖縄県立中部病院に勤務されています。

スポンサーリンク

岩田健太郎教授の投稿に反論の内容は

神戸大学教授で感染症専門家である岩田健太郎教授が、ダイヤモンドプリンス号の内部の状況を語った動画をYouTubeに投稿し話題になりました。

この動画の内容に、高山義浩医師がFacebookで反論する記事を投稿しました。

 

岩田健太郎教授に対する、高山義浩医師の内容をまとめてみました。

厚労省で働いている友人から入船していいと許可が降りた

→私に権限はないので「入ってもいいよ」とは言っていない。

 

DMATの一員として仕事をただやるだけならいれてあげる

→「入れてあげる」とは言っていない。DMATとしてはいる以上DMATの活動をしっかり行ってください。

 

ゾーニングが行われていない

→実際はゾーニングはしっかり行われています。完全ではないにせよ

 

感染対策をするプロが1人もいなくなる

→毎日感染症や公衆衛生を専門とする医師が乗船し指導しています。

 

上記のように岩田健太郎教授と、高山義浩医師の内容は大きく食い違っています。

高山義浩医師は、なんども「入っていいよ」と言っていないことを書かれています。

高山義浩医師は自身に権限はないとも。

DMATとしてはいるのなら、きちんとDMATの仕事だけをしてほしいとを伝えたことなど細かく書かれています。

スポンサーリンク

高山義浩医師と田健太郎教授の関係は

高山義浩医師と田健太郎教授は、お2人とも感染症の専門家ということもあり知り合いのようです。

 

一緒に本も書かれています。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

高山義浩医師についてみてきました。

高山義浩医師も反論の記事に最後に書かれていましたが、

今は一致団結して協力していってほしいものです。

人物
スポンサーリンク
halをフォローする
スポンサーリンク
ハルスタイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました