佐賀県立佐賀北高 バスケ部で体罰!監督は誰で名前や顔画像特定?

ニュース
スポンサーリンク

佐賀県立佐賀北高の男子バスケットボール部の監督が、部員に体罰や暴言を繰り返していたことが明らかになりました。

最近は部活での体罰の問題も多くニュースになっています。

佐賀県立佐賀北高でおきた体罰や暴言の内容、体罰を繰り返していた監督は誰なのか、名前や顔画像などを調べてみました。

スポンサーリンク

佐賀県立佐賀北高の男子バスケ部で体罰

 

 

佐賀県立佐賀北高(佐賀市)の男子バスケットボール部で、監督の30代男性教諭が部員に体罰や暴言を繰り返していたことが同校への取材で分かった。部は今夏も含めて全国高校総合体育大会(インターハイ)に22回出場した強豪。同校は教諭の部活指導を停止し、部員の保護者と県教育委員会に事実関係を報告した。

同校によると、10月に保護者から指摘があった。部員らへの聞き取りで、教諭は9月ごろから練習や試合中、複数の部員に対し至近距離でボールをぶつけたり、作戦ボードを投げつけたりしていたことが判明。「死ね」「部活をやめろ」などの暴言も吐いていた。

教諭は昨年4月の着任から監督を務め、学校側の聴取に体罰を認めている。男子バスケ部は県の強化指定校で、「チームを強くしなければいけないというプレッシャーがあった」と釈明したという。県教委は事実関係を詳しく調べる方針。

渡辺成樹校長は西日本新聞の取材に「人格を否定するような暴言や、体罰は気を付けるよう指導してきたが、非常に残念だ」と述べた。

出典元:西日本新聞

佐賀県立佐賀北高校の男子バスケ部は、インターハイに多く出場している強豪校で知られています。

強豪校のため、強くしなければという思いも強くなり

指導も厳しくなってしまうのかもしれません。

しかし、言ってはいけないこともあります。

部活での体罰のニュースが多いです。

開星高校野球部 山内弘和監督の体罰がヤバい!2月にも体罰で謹慎
2019年11月10日、春夏通じて13度の甲子園出場を誇る強豪校の開星高校で、山内弘和監督の体罰問題が浮上していることが8日までに分かったと日刊ゲンダイが報じました。 開成高校野球部、山内弘和監督の体罰問題について調べてみました。 ...
スポンサーリンク

佐賀北高バスケ部監督は誰?名前や顔画像は?

バスケ部の監督は一体誰なのでしょう。

現在のところ

30代の男性教諭

ということしか分かっていません。

名前や顔画像は公表されていませんでした。

分かり次第追記していきます。

男性教諭は現在、指導停止になっています。

佐賀県は処分を検討しているという。

スポンサーリンク

体罰や暴言の内容

 

 

体罰や暴言は9月頃から、練習や試合中にありました。

2年生の部員に対して

 

至近距離からボールをぶつける

作戦ボードを投げつける

「部活をやめろ」

 

などの体罰や暴言が繰り返されていました。

 

30代教諭は暴言については認め

「チームを強くしなければいけないというプレッシャーがあった」

と話していますが、

 

「作戦ボードを生徒に向かって投げたことはない」

と一部を否定しています。

被害にあった部員が2週間前から学校を休むようになり

保護者が学校に相談したことで体罰などが発覚。

ほかの部員への被害も確認されています。

スポンサーリンク

ネットの声

  • 自分もそういう指導されてきたからっていうのもあるやろね

 

  • 責任はもひとつ上の昭和世代にもあると思う

 

  • ブラック部活、厳しい熱心な指導は生徒の為か? 試合に勝つ為だけか? 監督の実績にしたいだけだろう 監督の名誉欲や実績の自慢の為の部活動は生徒が不憫

 

  • バスケ部顧問は昔から凶暴な奴が多いな
スポンサーリンク

最後に

佐賀県立佐賀北高の男子バスケットボール部の監督が、部員に体罰や暴言を繰り返していたことについて調べてみました。

強いチームにしなければいけないプレッシャーもあったようですが

行き過ぎた体罰や暴言を振るっても部員は強くなりません。

昔からの指導方法では、今の時代難しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました