並木優弥 顔画像は?無免許運転で事故!ルーレット族とは?

ニュース
スポンサーリンク

2020年6月17日、無免許で車を運転し市川市内の国道で中央分離帯に衝突する事故を起こし、その場から逃走した疑いで並木優弥容疑者(20)が逮捕されました。

並木優弥容疑者は9日にも、首都高で法定速度を大幅に上回るスピードをだしていたとして逮捕されていました。

並木優弥容疑者の顔画像や、ルーレット族とは何なのかみていきます。

スポンサーリンク

並木優弥衝突する事故を起こし逃走

事故が起きたのは、6月17日の午前0時半すぎ。

並木優弥容疑者は無免許で車を運転。

市川市内の国道で中央分離帯に衝突する事故を起こし車は炎上。

並木優弥容疑者は、そのまま現場から逃走。

車は炎上したが、車内に残っていた所持品から

並木容疑者を特定。

24日逮捕に至りました。

スポンサーリンク

並木優弥の顔画像

 

 

名前:並木優弥

年齢:20歳

住所:千葉県松戸市

職業:無職

 

9日にも首都高で法定速度を大幅に上回るスピードで走行したとして逮捕されていました。

その後釈放されましたが、この際、運転免許取り消しになっていました。

「無免許だから逃げた」

と話していますが、

無免許運転、スピード違反などもあり、逃げたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ルーレット族とは?

 

関東圏では「ルーレット族」、関西圏では「環状族」と呼ばれ、C1(首都高速都心環状線)のような環状道路を一周するタイムを競う、という行為をする人々のことを指します。もちろん、制限速度を超えた危険な運転で、道路交通法違反です。

環状式の高速道路は全国には大都市圏の一部にしか存在せず、地方では見られません。このような高速道路の代表例は、首都高都心環状線・湾岸線・名古屋高速都心環状線・阪神高速1号環状線の4つで、このうち、関東圏に出没する人々を「ルーレット族」と呼んでいます。

環状線を周回するクルマが、ルーレットのように見えることから名付けられました。

引用元:https://car-me.jp/articles/11163

 

ルーレット族は、1990年代後半から出没。

2008年頃にピークを迎えましたが、現在はほとんど見かけないそうです。

しかし完全になくなったわけではなく、夜間に首都高を法定速度を超えて走る人もまだいるようです。

スポンサーリンク

ネットの反応

無免許なら、普通は目立たないように
大人しく走るはずだと思いますが。
それすら思わなかったのかと考えると
救いようがないかも。

 

もう2度と免許取れないようにしてほしい。

 

善悪の判断つかないかなぁ。こういう見た目の人が、この様な事をするとこういう見た目の人を偏見の目で見てしまう。

 

免許証を不携帯では運転できない規則なのだから、車に免許証を差し込まなければ動かない仕組みを本気で考えるべき

スポンサーリンク

まとめ

並木優弥容疑者が起こした事故についてみてきました。

事故を起こすまえにも、法定速度を大幅に上回るスピードで走行し、免許取り消しなっていました。

懲りずに無免許で運転、事故をおこし再逮捕になりました。

運転できないようにしてほしいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました