谷本正憲 石川県知事の発言内容が炎上!経歴やプロフィールは?

ニュース
スポンサーリンク

人が多く集まる場所のイベントの中止や自粛が相次ぎ、東京都では週末の外出自粛要請も発表されている中、石川県の谷本正憲県知事が観光アピールをし炎上しています。

石川県知事の谷本正憲さんはどんな人物なのか、経歴やプロフィールなどみていきます。

スポンサーリンク

【追記】交流を増やすのは地域を活性化

 

新型コロナウイルスの感染拡大で7日に緊急事態宣言が出される中、石川県の谷本正憲知事は9日、対象地域から県内への人の流入について、「交流を増やすのは地域を活性化させる」と述べ、自粛を呼びかける考えはないことを明らかにした。

政府や宣言の対象外地域の知事から往来自粛を求める声が相次ぐ中、3月末に東京都民らに石川への観光をPRしたのに続く突出した発言で、感染者が66人(8日時点)と急増する県内からは不安の声が出ている。

出典元:毎日新聞

 

谷本知事の発言に、またしても批判の声があがっています。

緊急事態宣言が出る中、言ってはいけない言葉。先日もまずかったが、きょうはさらにまずい。『それはおかしいでしょ』と周りに言う人がいないのか。

 

「責任ある立場としてどうかと思う。慎重に言葉を選んで発言してほしい」

 

いくら日本中が自粛して協力しあっても 県のトップがこれじゃあ、いつまで経っても終息しないのでは

スポンサーリンク

谷本正憲は石川県知事で発言内容が炎上

 

 

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて東京都が週末の外出自粛要請を出す中、石川県の谷本正憲知事は3月27日に都民らに向け「無症状の人は(東京から)お越しいただければ」と県内への観光をアピールした。感染拡大で打撃を受ける県内経済に気配りした格好だが、首都圏との往来に注意を促す地方の自治体が多い中、異例の発言で、県内からは戸惑いの声も上がる。国の専門家会議は無症状者からの感染にも注意を呼びかけていて、専門家は「この時期に警戒を解いては絶対にいけない」と指摘している。

県は主催イベントを一律自粛していた方針を20日に転換。谷本知事は27日の会議で国の名勝「兼六園」(金沢市)の無料開放などを公表した後、報道各社の取材に「自粛疲れ」した都民に向けて「息抜きしたければ、無症状の人はお越しいただければ。新幹線もあり、2時間半で来られる」と述べた。

県内では27日時点で8人の陽性者を確認。谷本知事は国が示した区分のうち「収束に向かい始めているか、一定程度に収まってきている地域」に該当すると説明。「密閉、密集、密接」の3条件を排除するなどの対策をした上で、イベント再開方針を確認した。

出典元:毎日新聞

 

谷本正憲県知事は、

無症状の人は東京からお越しいただければ。新幹線もあり、2時間半で来られるので。

東京から来る人はみんな感染している可能性があるから一切受け入れないという決断をすると、地元の産業に甚大なダメージを与えるということになる。

そんな鎖国政策を取ることはできない。」

と観光アピール。

不要不急の外出自粛が呼びかけられ、されには毎日のように感染者数が発表されています。

経済的に甚大なダメージを受けてしまうのも十分理解できますが、今はそのような発言は控える時です。

谷本正憲県知事の発言は、ネット上で物議を醸し、また地元石川県の方々も困惑されているようです。

スポンサーリンク

ネットの反応は?

無症状で感染してる人がどれだけ多くて怖いか、未だにわかってない。 県民の命はどうでもいいの? 今の状況でこういう発言するのは、知事である資格ないと思う。

 

石川県の感染者数も10人を超えた。 隣りの福井県は20人。 富山県もずっと0人だったけど、2人目が昨日でた。 しかも、県外からの持ち込みパターンで増えているし、観光アピールは自粛したほうが良いと思う。

 

無症状であっても罹患している人がいるのが新型コロナウイルスの特徴。谷本知事は未だにウイルスの特徴を把握していないという証拠となる発言。

 

緊急事態宣言が発せられて、人の移動に制約を加えようとしているこの時期に、首長としてのこのコメントは、地元のことを蔑ろにしたものと言わざるを得ない。

 

スポンサーリンク

谷本正憲のプロフィール

 

 

名前:谷本正憲(たにもと まさのり)

生年月日:1945年4月16日

出身地:兵庫県西脇市

血液型:O型

 

2017年6月21日に開かれた県内町長の会合で

「県内の原子力発電所を攻撃するのなら北朝鮮国民を餓死させないといけない」

と発言し、翌日に撤回することがありました。

スポンサーリンク

谷本正憲の経歴

谷本正憲さんは、兵庫県の出身。

兵庫県立西脇高等学校、京都大学法学部卒業後、

自治省に入省。

宮崎市助役、茨城県総務部長、旧自治省交付税課長を経て

1991年、石川県に出向し、副知事に就任。

 

1994年、中西前県知事が死去したため、石川県知事選挙に立候補し初当選。

2018年の石川県知事選挙では、

47都道府県の現職では最多の7選を果たしました。

谷本正憲さんは、26年も県知事を務めているベテランでした。

スポンサーリンク

谷本正憲 石川県知事の発言内容が炎上

谷本正憲石川県知事の発言内容が、ネットなどで炎上。

地元民も困惑しています。

長いこと県知事を務めていらっしゃるので、分かりそうなことだと思うのですが、

県民のためにも、発言には十分注意してほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました