岩田教授 ダイヤモンドプリンセスCOVID-19製造機悲惨な状況を告発

ニュース
スポンサーリンク

2020年2月18日、神戸大学教授で感染症専門家である岩田健太郎教授がダイヤモンドプリンス号はCOVID19製造機と、悲惨な内部の状況をYouTubeに投稿しました。

岩田健太郎教授が告発したダイヤモンドプリンス号の驚くような悲惨な状況、岩田教授のYouTube動画についてみていきます。

スポンサーリンク

岩田健太郎教授がダイヤモンドプリンセスはCOVID-19製造機

神戸大学教授で感染症専門家である岩田健太郎教授が、ダイヤモンドプリンス号はCOVID19製造機と、ヤバい現状をYouTubeに投稿しました。

 

 

岩田健太郎氏は神戸大学病院感染症内科教授をされています。

今からお話しする内容は神戸大学など所属する機関とは一切関係なく私個人の見解です、

と前置きしダイヤモンド・プリンセスの現在の悲惨な内部についてお話しされています。

その後動画は削除されました。

しかし動画は拡散され残っています。

スポンサーリンク

安全なゾーンと危険なゾーンが分けられていない

 

 


アフリカのエボラとか中国のSARSとか色んな感染症と立ち向かってきた、岩田健太郎氏でも

自分自身を部屋に隔離するほど怖いと思う状況でした。

レッドゾーンとグリーンゾーンという、

ウイルスが全くない安全なゾーンとウイルスがいるかもしれない危ないゾーン

というのがきちんと分けられていない、ぐちゃぐちゃの状況だといいます。

きちんと区別されていないと、マスクや手袋などは役に立たないと話されています。

スポンサーリンク

専門家がいない

 

ダイヤモンドプリンセス号には、感染の専門家はいません

「僕がいなかったら、いなくなったら今度、感染対策するプロが一人もいなくなっちゃいますよって話をしたんですけど、それは構わないんですか?」

と言っても出ていけと言われてしまった。

笑顔で検疫所の職員が患者とすれ違ったり、

中の人が「いやー我々もこれ自分たちも感染するなと思ってますよ」という発言をしたり

感染対策についてきちんとしたルールを決めておらず

無法地帯のようになっているといいます。

スポンサーリンク

まとめ

岩田健太郎氏の発信は軽視してはいけないと思います。

厚労省の官僚の方、DMAT(災害派遣チーム)の方は感染のプロに嫌な思いをされたそうですが、

しっかり感染のプロに指示を仰ぎ

感染拡大を防ぐべきなのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました