東大教授が大学院生にセクハラ!名前や顔画像は?4ヶ月の停職処分

ニュース
スポンサーリンク

2020年2月6日、東大の50代の男性教授が、研究を指導していた女子大学院生にセクハラを行ったとして、停職4か月の懲戒処分を受けました。

ニュースの詳しい内容や、東大の50代男性教授は誰なのか、名前や顔画像など調べてみました。

スポンサーリンク

東大の男性教授が大学院生にセクハラ

ニュースの概要です。

 

 

東京大学は指導する女性の大学院生に交際を迫ったり、体を触ったりしたとして、50代の男性教授を停職4か月の懲戒処分にしました。この大学院生は、精神的に追い込まれ研究を続けられなくなったということです。

懲戒処分を受けたのは、東京大学大学院の50代の男性教授です。大学によりますと、この男性教授は指導する女性の大学院生に2年以上にわたって交際を迫ったり、体を触るなどの性的な嫌がらせをしたりしたということです。

大学院生が被害を大学に申し出たため、大学が男性教授に聴き取り調査をしたところ「そういった事実はない」と否定したということですが、交際を迫る内容のSNS上の記録が残っていたことなどから、事実を認めて停職4か月の懲戒処分にしました。

この大学院生は、精神的に追い込まれ研究を続けられなくなったということです。

東京大学は「あるまじき行為であり、決して許されない。再発防止に努めたい」とコメントしています。

出典元:NHK

大学院生は、教授から受けたセクハラにより

研究を続けられられなくなってしまうほど、精神的に追い込まれてしまいました。

スポンサーリンク

東京大学大学院の50代の男性教授は誰?名前や顔画像は?

 

セクハラをした東大の教授は一体誰なのでしょう。

報道では

50代の教授

ということしか分かっていません。

東大は

「被害者のプライバシー侵害の恐れがある」

として、教授の名前や所属を明らかにしておらず、今後も公表される可能性はありません。

しかし、身近な人には分かってしまうかもしれません。

スポンサーリンク

東大の男性教授は否定

 

大学院生が被害を大学に申し出たことで発覚しました。

男性教授は

「そういった事実はない」

と容疑を否定。

しかし、SNS上に交際をせまる内容などが残っていたことで事実を認めました。

証拠がなかったら言い逃れをしていたのでしょう。

スポンサーリンク

セクハラの内容は?

 

2年以上、大学院生は教授からのセクハラに悩まされていました。

無料通信アプリ「LINE」や対面で数十回、大学院生に恋愛感情を示す

複数回交際を迫った

体を触る

などがありました。

 

拒否されると

不機嫌になる

大学院生の研究の予定を急に変更

など大学の教授がやるような行動とは思えません。

教授という立場を使ったパワハラです。

宮園浩平副学長は

あるまじき行為で、厳正に処分した。再発防止にあたる

とコメントしています。

スポンサーリンク

まとめ

東大の50代の男性教授が、女子大学院生にセクハラをしていた件について見てきました。

女子大学院生は、研究が続けられない程、精神的に追い込まれ傷ついてしまいました。

しかし教授は停職4か月の懲戒処分。

また同じようなことが繰り返されないことを願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました