鈴木達朗 写真家の富士フイルムPR動画が炎上!まるで盗撮と批判で削除

ニュース
スポンサーリンク

2020年2月5日に公開された、富士フイルムのコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM X100V」のPR動画が炎上し、すぐに削除され公式サイトにて謝罪しました。

炎上した動画や、写真家の鈴木達朗さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

富士フイルムPR動画が炎上

富士フイルムのコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM X100V」のPR動画が炎上し、削除し公式サイトで謝罪をしました。

 

 富士フイルムは5日、2月下旬発売の高級コンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM X100V」のプロモーション動画の配信を停止したと公式サイトで発表。「不快感を与える動画」と謝罪した。動画はこの日公開されたばかり。写真家が東京・渋谷の街を歩く人をすれ違いざまに撮影する内容で“無断撮影”“盗撮”などと一部で非難の声が上がり、炎上していた。

発表は以下の通り。

「FUJIFILM X100V」プロモーションサイトにおいて、視聴者の皆様に不快感を与える動画が掲載されましたことを深くお詫び申し上げます。本日、当該プロモーション動画の配信を停止いたしました。

頂戴いたしました、多くのご意見・ご指摘を真摯に受け止め、今後このようなことがなきよう努めてまいります。引き続き、写真の素晴らしさを多くの皆様に共感をもって受け止めていただけるよう取り組んでまいります。

出典元:スポニチアネックス

スポンサーリンク

FUJIFILM X100VのPR動画が盗撮のようで不快

 

富士フィルムの公式サイトからは、既に動画は削除されているので見ることは出来ません。

しかし、Twitterなどでは見ることができます。

写真家の鈴木さんは普通に歩いているのですが、

突然カメラを取り出し、至近距離で歩いている人の写真を撮っている姿が撮影されています。

通行人の道をふさいだり、明らかに嫌がっている人の姿も見られます。

こんな風に撮られたら、ほとんどの人が不快に感じるはずです。

富士フィルムの動画に対して

まるで盗撮のよう、不快だ

などの批判的な意見が多く寄せられ、

削除、謝罪に至りました。

スポンサーリンク

鈴木達朗 写真家について

 

鈴木達朗さんは、早稲田大学の法学部を卒業後、

日本のトップクラスのIT企業に25年近く勤めていました。

しかしふとカメラを手にし、写真の面白さを知った鈴木さんは

国際的な賞を取ったことがきっかけで、写真家になりました。

鈴木が本格的に写真を始めたのは数年前からだ。そのせいか、彼の作品を見た人は、若い写真家が撮ったものと勘違いするかもしれない。作品の舞台の大半は、鈴木が学生時代から生活の中心――あるいは”ハブ”――としてきた、流行の震源地とも言われる渋谷である。その大都会のバイブをスピード感とダイナミズムと共に、自らの焦燥感、あるいは社会の焦燥感と合わせながら切り取っている。

光の捉え方と距離感の掴み方も非常に巧みだ。それは心地良い緊張感を誘発し、写真を見た人は時として、彼が切り取った世界の匂いさえ味わっているような錯覚に陥る。

彼は意図的にCandid的な要素を作品の軸にしているのである。写真におけるCandidとは、偽りのない現実を、その瞬間を切り取るという意味だ。大都会の喧騒や虚無感を瞬間瞬間に、とりわけ(彼の言葉を借りれば)常に変わり続けている渋谷の喧騒や虚無感を、彼は切り取っているのである。

鈴木さんは、スピード感、瞬間瞬間大切にして写真に撮っているようですが、

盗撮のような写真の撮り方は、プロモーション動画としてはよくありませんでした。

スポンサーリンク

ネットの反応は?

富士フイルムそんな動画アップロードして、やばいと思う人いなかったの?

 

見たのを後悔するくらい気持ち悪かった

 

富士フイルムのやつ、こんなことされたら嫌過ぎる。

こんな動画をプロモーションにできると判断した富士フイルムもおかしい

 

富士フイルムの件、動画みたらあのカメラマンに恐怖しか感じなかった

スポンサーリンク

まとめ

写真家の鈴木達朗さんが撮影している、富士フイルムPR動画が炎上した件についてみてきました。

動画の中には、明らかに嫌がっている人もいてみていていい気分はしませんでした。

鈴木さんは、スピード感や臨場感、その瞬間を大切にしている方のようなのですが、

プロモーション動画ならば、きちんとエキストラさんを集めて撮影するなどした方がよかったはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました