ビートたけし 妻と離婚!ゴンと再婚か40年近い結婚生活にピリオド

芸能
スポンサーリンク

ビートたけし(72)が12日、協議離婚していたことが明らかになりました。

以前から離婚に向けての話し合いをしており、結論が出た模様です。

スポンサーリンク

ビートたけしが離婚

ビートたけしが、妻の幹子さん(68)と12日、協議離婚いていたことが分かりました。

幹子さんは元女性漫才「ミキ&ミチ」で活動し、たけしと80年に結婚(正式な婚姻届は83年)、1男1女がいる。

40年近い結婚生活だった。たけしに不倫や隠し子騒動が浮上したり、86年のフライデー襲撃事件など、夫婦の危機もあった。94年にたけしがバイク転倒事故で重傷を負った時には、幹子さんが集中治療室の隣の部屋に泊まり込んで看病を続けたこともあった。近年は別居生活で、定期的に食事をするなどしていたが、会う回数は減っていたとみられる。

たけしは昨年3月いっぱいで、オフィス北野を独立し、自分が代表を務める「T.Nゴン」に所属している。

出典:Yahoo!ニュース

ビートたけしは、18歳年下のビジネスパートナーの女性と新会社設立を端緒とし、昨年3月いっぱいで「オフィス北野」から独立しました。

同4月1日からは拠点を新会社「T.Nゴン」に移しました。その中で、幹子夫人との離婚に向けた話し合いが水面下で進んでいたようです。

スポンサーリンク

離婚は女性パートナーが原因?

ビートたけしの離婚は、一緒に芸能事務所「T.Nゴン」を立ち上げた愛人が原因になっているようです。

愛犬の名前が「ゴン」ということらしいですが、実は18歳年下の愛人が「ゴン」という愛称ともいわれていて、ビートたけしにとって愛人の存在はとても大きいようです。

愛人はビートたけしより18歳も年下で、53歳といわれています。

愛人の女性は、父親が九州の県議会議員を務めたほどのお嬢様なんだとか。関西の有名ホテルで “スーパーバイザー” を務めていて、銀座のホステス経験もあるそうです。

「T.Nゴン」を立ち上げた後には、愛人との同棲生活を開始していることが報じられています。

フライデー事件などがあっても、今まで離婚してこなかったビートたけしですが、愛人にメロメロなのでしょう。

スポンサーリンク

2014年に不倫発覚

2014年に不倫発覚した際には、ビートたけしが全財産を手放してでも一緒になりたい愛人という報道がありました。

ビートたけしは、家族の住む家には帰らず、愛人のところで生活をしていました。もう2年半以上も顔を合わせていないとたけし本人がテレビ番組で明かすこともありました。

彼女と一緒に、ナインティナインの岡村隆史と食事に行ったという話、彼女から「『私に命を懸けてもいい』ってテレビで言えってうるさいんだよ」などとのろけ話をしていることもありました。

スポンサーリンク

北野幹子のプロフィール

 

本名:北野幹子(旧姓:松田)

生年月日:1951年

年齢:67歳

出身地:大阪府

活動内容:元女性漫才師、現たけしの収入を管理する会社の社長

家族構成:ビートたけし(夫)、長男、北野井子(長女)

1971年に漫才師としてデビューをしました。その後、東京を中心に漫才師として様々な活躍を見せています。

ビートたけしとの結婚を機に芸能界を引退しています。

売れない時からビートたけしを陰で支えていた存在です。

スポンサーリンク

幹子さんがコメント

先日離婚が報じられたビートたけしの妻・幹子さんが14日、離婚したことについてコメントを発表しました。

幹子さんは「私事で大変恐縮ですが、このたび、北野武さんと協議離婚いたしましたことをここにご報告させていただきます」と、正式に離婚したことを報告しています。

続けて、離婚に至った経過や合意内容については「何もお答えすることはできません」と綴っており、「何卒ご理解いただき、温かく見守っていただけましたら幸いです」と締めくくっています。

スポンサーリンク

フライデー襲撃事件

1986年12月9日未明、ビートたけしが当時交際中の女性に対する記者の取材ぶりに怒り、写真週刊誌『フライデー』出版元の講談社を襲撃した事件です。

たけしに懲役6ヶ月、執行猶予2年の有罪判決が出た事でもわかる通り、人気絶頂の芸能人が集団で暴行で逮捕されるという芸能史に残る衝撃的な事件でした。

事件がおきても、2人は離婚することはありませんでした。

スポンサーリンク

まとめ

ビートたけしはこれまでも色々な騒動を起こしてきました。それをかげながら支えてきた幹子さんは凄いと思います。

フライデー襲撃事件があっても離婚はしませんでしたが、今回は何もかもゴンちゃんのいいなりのようです。

なんだかんだ奥さんと離婚せずにいたことで、仲がいいのかなとか、ビートたけしに対して良いイメージがありましたが、離婚してしまいイメージが変わりそうです。

破天荒なビートたけしを40年もの間本当によく支えてきたと思います。

奥様やお子さんたちは変わらず大切にして頂きたいと思うし、不自由のない生活をこれからも送ってほしいです。

芸能
スポンサーリンク
halをフォローする
スポンサーリンク
ハルスタイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました