NGT支配人早川麻衣子がTwitter開設!なぜ今なのか?真意は?

ブログ
スポンサーリンク

24日朝、NGT48劇場支配人早川麻依子支配人が自身のツイッターを更新しました。「NGT48劇場支配人の早川麻依子です。今日からツイートしていきます」と報告しました。

開設時は、「なぜ、始めたのか?」「公式アカウントがあるじゃないか?」といった批判も多くありました。

一方で、「ファンはメンバーのことが心配です」「助かります」などと言ったような、情報発信してくれることを嬉しく思っている方も多くいました。

早川麻衣子支配人のプロフィールや、Twitterになぜ非難が殺到しているのか、また何故いま、Twitterを開設したのか、理由は何かを調べてみました。

スポンサーリンク

早川麻衣子支配人のプロフィール

 

  • 名前:早川麻衣子(はやかわ まいこ)
  • 生年月日:44歳
  • 経歴:SKE48、AKB48、STU48のマネジメント 業務
スポンサーリンク

早川麻衣子支配人の経歴

早川麻衣子支配人の経歴は、

  • SKE48マネージャー
  • AKB48マネージャー
  • STU48チームマネージャー
  • SKE48運営業務(2018年12月には再度SKE48の運営へ戻る)
  • NGT48支配人へ就任(2019年1月~)

早川麻衣子支配人は、長い間AKB系列のマネジメント業務を行っているようです。現在44歳なので、少なくともマネジメント業務においては、10年以上のキャリアがありそうです。

2018年12月にSKEの運営業務へ戻ったばかりにも関わらず、1月にはNGT48の新支配人へ就任されています。NGTの風紀を正そうと白羽の矢が立ったのでしょう。

それだけ早川麻衣子支配人は優秀な人材で、実力を見込まれていたのでしょう。

スポンサーリンク

早川麻衣子支配人がTwitterを開設

 

スポンサーリンク

早川麻衣子支配人のTwitterが炎上

早川支配人のTwitterはなぜ、炎上しているのでしょうか。

これまで運営は、真実を隠蔽するような行いをしてきました。ファンやファンでない人でも違和感を抱き、疑惑を払拭しきれていません。

そんな中で今回Twitterで、「噂と真実は違う」と自分達を保守するような発言をし、メンバーを守らなかったのです。

自分たちを守るような発言ばかりで、みんなが知りたい真実を話していないことが大きな原因だと思われます。

早川支配人はじめAKSは、これまで記者会見を開くなど何とか事件を解決しようとしてきました。しかし、会見では全く真実は見えてこない説明ばかりでした。

残念なことに山口真帆を始め辞めたメンバーは納得ができないまま卒業していくことになったのです。山口真帆の卒業発表でも、運営の不誠実さがあからさまで、運営への不信感ばかりが募りました。

また先日の加藤美南の発信など、メンバーの黒い部分もまだあるようです。しかし、現メンバーをかばうようなものばかりで、辞めていったメンバー達の気持ちに寄り添った動きは今のところなさそうなので、今後もあまり期待は出来そうにないです。

スポンサーリンク

開設した理由

早川支配人は何故、このタイミングでTwitterを開設したのでしょうか。

早川支配人がツイートしているように、早川支配人がTwitterを開設した1番の理由は、なんといっても現メンバーを守るためなのではないでしょうか。

メンバーの中には本当に頑張っている子もいると思います。その子たちを守っていくのは運営として当たり前のことです。

しかし、守っていかなければいけなかったはずのメンバーを、長い間苦しめていたのも運営でした。

今まで、世間に嘘をついてきたり、被害者をフォローしてきませんでした。これでは、何をいわれても信じる気持ちにはなりません。

そのためにも、きちんと真実を明らかにしてもらいたいです。

スポンサーリンク

まとめ

早川麻衣子支配人がTwitterを開設したものの、現メンバーを守るような内容ばかりです。

これでは、炎上してしまっても仕方ないのではないでしょうか。先日も、山口真帆へのメンバーからの悪口もありました。

解決されてないことが多くあり、運営に対しての不信感も集めてしまいました。真実が明かされる日はくるのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました